ドレッシングによく入っている添加物

海外のドレッシングは、さほどナチュラルな素材から作られているのに、何故かたくさん添加物が入っている日本のドレッシング。別に入れないで済むなら入っていないほうが良いと思います。そこで無添加のドレッシングを集めてみました。

無添加のドレッシング6選

創健社 えごま一番胡麻ドレッシング 150ml×2本

創健社の「えごま一番100」油を使用し、原材料にこだわったドレッシング。化学調味料、動物性の原材料、乳化剤が無添加のドレッシングです。えごま油は健康番組でも度々取り上げられる健康食材ですが、ドレッシングで取り入れるのも良いかもしれませんね。

原材料:練りごま(ごま:中国他海外)、砂糖(さとうきび:タイ他海外)、醸造酢(ブラジル他海外)、食用植物油脂[えごま油(えごま:中国)、ごま油(ごま:アフリカ他海外)]、しょうゆ[大豆(遺伝子組換えでない・アメリカ他海外)・小麦を含む]、食塩(天日塩:イタリア)、ごま(中国他海外)

安本産業 お米だけでつくった日本生まれのおいしいドレッシング 200ml/Amazon

島根県産「きぬむすめ」で作った材料のみを使い仕上げた、化学調味料など無添加のドレッシング。おしゃれなデザインも良いですね。

原材料:甘酒、米油、塩こうじ、米酢

やましなフォロのドレッシングレギュラー330ml/楽天

各所で人気の徳島県の洋食店の手作りドレッシング。加熱なしの生の状態なのですが、化学調味料や保存料が無添加なのが良いですね。

原材料:食用植物油脂(大豆油・なたね油)、醸造酢、玉葱、砂糖、醤油(大豆・小麦を含む)、食塩、ニンニク、マスタード、胡椒

有機ハーブドレッシング

オーガニックの香辛料などを使用した無添加のドレッシング。良質なエキストラバージンココナッツオイル使用、化学調味料不使用(無添加)、乳化剤不使用、白砂糖不使用のこだわりドレッシングです。

原材料:有機醸造酢(有機スピリットビネガー、有機ホワイトグレープビネガー)、有機食用植物油脂(有機キャノーラオイル、有機ココナッツオイル)、有機たまねぎ、有機ココナッツシュガー、食塩、有機香辛料(有機マスタード、有機バジル、有機ブラックペッパー、有機パプリカ、有機オレガノ、有機ローレル)

created by Rinker
ブラウンシュガーファースト

瀬戸内 カルパッチョ ドレッシング

広島のイタリアンレストラン発の化学調味料無添加ドレッシング。淡路島産の玉ねぎ、呉蒲刈の「海人の藻塩」、江田島産醤油、広島の 米酢、瀬戸内産煮干し、国産にんにく・しょうがを使用し、お刺身、ローストビーフ、野菜サラダなどに使えるそうです。

原材料:米酢、醤油、みりん、玉ねぎ、食用植物油脂(ひまわり油)、おろしにんにく、おろししょうが、食塩、バジル、黒胡椒、煮干しいわし粉末、(原材料の一部に小麦・大豆を含む)

RoiFr謹製「山のドレッシング」3本セット/Amazon

無添加で乳化せず、シャンパンビネガーをはじめとするビネガー類や、EXバージンオリーブオイル、クルミオイルなどを使用したこだわり素材のドレッシング、焼いたお肉やボイルしたお魚にも相性抜群だそうです。