2db6173b2917e2da3ebfc79e66484826_s

乾燥注意報が毎日のように出ていますが、既に喉が痛いという人やお肌がカサカサしてきてしまって……。という声も聞かれます。乾燥をするとお肌のみならず、目や喉にも悪影響!そこで今回はすぐにできる冬の乾燥対策をお知らせします。

冬の乾燥が起こる仕組み

快適な湿度は40~60%といわれていますが、冬は湿度が下がり、40%以下になることも多く、さらに暖房機器による乾燥も進みます。燃える時に水蒸気を出す石油・ガス暖房器具とは違い、エアコンは水蒸気が出ないので乾燥が進んでしまいがちです。

具体的な乾燥対策3つ

加湿器を置く

とにかく湿度をあげるためには加湿器がベスト、加湿機の能力の大きさは◯ml/hと表示され、1時間に◯mlの水を空気中に放出するという意味なので、この数が大きいほど加湿能力が高くなります。部屋の大きさに合わせて選ぶことが大切になっています。またオフィスでは、大きいものは置けないので、卓上のパソコンのUSBに刺す加湿器などを利用してみて下さい。USBで使用するものは加湿能力が低いものの、自分の周囲は少し潤うので、何もしないよりは断然マシです。

マスクをする

意外にも喉や口周りの湿度を保つのにマスクは優秀です。特にウェットなコットンなどをポケットに入れるタイプのマスクは、口周りや喉の乾燥を防いでくれます。

部屋の中に洗濯物を干す

洗濯物や塗れタオルを干すだけで室内の湿度は上がります。またいくら乾燥しているとはいえ、やり過ぎると今度はカビに悩まされることにつながるので、換気をするなど慎重に行って下さい。もし、洗濯物やタオルが干せない場合には、観葉植物を置いても良いようです。

いかがでしたか?ご自分の環境にあった方法で、乾燥対策をして下さい。
《参照元》
目安は40~60%!室内の湿度をコントロールして健康的な暮らしを
http://www.sanwacompany.co.jp/shop/pages/concierge_038.aspx

風邪予防にも効果的!喉の乾燥対策4項目を紹介
http://www.kawamura-jibika.com/blog/?p=280

冬のオフィスで心掛けたい乾燥対策/シロノクリニック
http://www.shirono.net/column/column_92.html

風邪やカサカサ肌を撃退! うるおいを保つ、乾燥ケア/NTT東日本
https://members-club.flets.com/pub/pages/contents/list/bunkamura/ls/culture/130131/01.html

目安は40~60%!室内の湿度をコントロールして健康的な暮らしを/
https://www.marubeni-sumai.com/club/column/44

内側から砂漠化!?肌の乾燥について/資生堂
http://www.shiseidogroup.jp/binolab/s_0003/