carrot-1085063_640

「お肌に良い」と言われる栄養素が時々話題となり、それだけがスポットライトを浴びますが、実は栄養というのはバランスがとれた状態で無いと、きちんとした働きをしないことがあります。また必須の栄養素が足りていないために、お肌や健康に不調をきたすことがあります。今回は美肌のために摂りたい栄養素をご紹介します。不足しないようにぜひ気をつけて下さい。

ビタミンA(カロチン(カロテン) )

脂溶性のビタミンの一種で、一般にレバーなど動物性食品に含まれるレチノールを指しています。よく聞く「カロテノイド」は植物や動物に含まれる色素成分で、体内に入ると、ビタミンAに変わります。

緑黄色野菜に多いα(アルファ)およびβ(ベータ)-カロテン、またみかんなどに多いクリプトキサンチンがあり、ビタミンA作用を最もよく発揮するのはβ-カロテンです。

・粘膜や皮膚を健康に保つ効果
・抗酸化作用
・免疫のバランスを整える作用

入っている食物

牛レバー、鶏レバー、豚レバー、あんこうの肝、銀だら、うなぎの蒲焼 、にんじん、しそ、ほうれん草、カボチャ、焼き海苔、卵黄など

ビタミンB2

ビタミンB2は美容ビタミンと呼ばれ、主に皮ふや粘膜の健康維持を助ける働きをし、細胞の再生を促し、正しいターンオーバーに導く効果があります。また、糖質、脂質、たんぱく質を体内でエネルギーにするなどの代謝を支える重要な働きをします。そのため、エネルギーをたくさん消費する人ほどビタミンB2はたくさん必要になります。不足すると口内炎ができたりします。

・肌のターンオーバーを正常に保つ
・新陳代謝を支える
・髪の毛を美しく保つ

入っている食物

牛レバー、豚レバー、鶏レバー、牛乳、ヨーグルト、うなぎ、かれい、さんま、ぶり、小麦胚芽、納豆、アーモンド、卵、きのこなど

ビタミンC

皮膚や粘膜の健康維持に役立ち、抗酸化作用を持つ栄養素で、メラニンの沈着を抑えます。体の細胞と細胞の間を結ぶコラーゲンというたんぱく質をつくるのに不可欠で、さらに角質の水分を保つセラミドの合成を促進し保水力を高め、メラニン色素の沈着を防ぐ働きがあるので、美肌のためにはビタミンC不足は避けないといけません。歯ぐき、血管、骨や歯などの成長と傷の修復に大切な物質でもあります。

・美白効果
・肌の保水力を
・コラーゲンの生成を促進

入っている食物

赤ピーマン、芽キャベツ、菜の花、カリフラワー、にがうり、キャベツ、ほうれん草、じゃがいも、さつまいも、ちんげんさい、レモン、アセロラ、キウイフルーツ、いちご、ネーブル、はっさく、ぽんかん、いよかん、パイナップル、グァバ、柿、緑茶など

ビタミンE

強い抗酸化作用を持つビタミンで、血行も促進し、若返りのビタミンとも呼ばれています。シミや肌の老化を抑制します。体内の脂質の酸化を防いで体を守る働きがあります。このようなことから、脂質の酸化によってできた過酸化脂質にタンパク質がくっつくことでできる「老人斑」と呼ばれるシミをは、ビタミンEを摂取していれば、しみを防ぐことができるかもしれません。

・血行促進
・抗酸化
・肌や血管の老化防止

入っている食物

玄米、アーモンド、落花生、ヘーゼルナッツなど、ひまわり油、サフラワー油、コーン油、綿実油、うなぎのかばやき、たらこ、にじます、あゆ、はまち、小麦胚芽、モロヘイヤ、かぼちゃ、菜の花、卵など

たんぱく質

三大栄養素のひとつであり、生きていくうえで非常に重要な栄養素です。たんぱく質はアミノ酸が多数結合した化合物で、その組み合わせによって、筋肉、臓器、皮膚、血液、骨、酵素、髪の毛などになります。またエネルギー源としても働きます。免疫力を高めたり、血液を正常に保ったりと様々な働きを持つほか、肌を支えるコラーゲンの元にもなります。ビタミン類を一緒に摂ると良いですよ。
※摂り過ぎると腎臓に負担をかけたり、脱水症状になる可能性もあるので程々に……

・乾燥肌の予防
・丈夫な骨をつくる効果
・美肌効果

入っている食物

肉類、魚介類、卵、乳製品、大豆、大豆製品など

L-システイン

体の内側から代謝を助けるアミノ酸の一種で、皮膚や髪の毛、爪などにも多く存在します。肌の新陳代謝(ターンオーバー)を正常化する働きもるので、角質に沈着したメラニンの排出をサポートするため、メラニン色素の沈着を防ぐビタミンCと一緒に摂ると、美白を目指せます。日常の食事から多量に摂取する事がむずかしい栄養素です

・ターンオーバーを正常に保つ
・美肌・美白効果
・アレルギー反応を弱める効果

入っている食物

小麦胚芽、大豆、はちみつなど

いかがでしたか?どれも特別な食べ物では無く、普段食べているものばかり、今日からは栄養素のバランスと、効果を考え食事に取り入れてみて下さい。

 

参考

健康食品の素材情報データベース/国立健康・栄養研究所
https://hfnet.nih.go.jp/contents/indiv.html

成分情報/わかさ
http://www.wakasanohimitsu.jp/seibun/

注目の美白作用に優れた食べ物/All About
http://allabout.co.jp/gm/gc/298531/